MYキッチンカー
MYキッチンカー

MY Kitchen Car

MENU
お役立ち情報
BLOG
お役立ち情報

キッチンカーで調理に必要なプロパンガス(LPガス)の購入・充填方法!ボンベはレンタルも可

2021.02.26
製造販売
キッチンカーで調理に必要なプロパンガス(LPガス)の購入・充填方法!ボンベはレンタルも可
 

キッチンカーの熱源として人気の「プロパンガス(LPガス)」。

 

人気の秘訣は、火力の強さと安定感です。

 

火力勝負の美味しいメニューには必須ですよね。

 

ここでは、キッチンカーの調理に使われる熱源として人気なプロパンガス(LPガス)の購入方法や料金目安をご紹介します。

 

現在、新規のガス契約が困難になっている実態があるとご存知ですか?

 

そこでプロパンガスを契約するコツまでご紹介します。

 

取り扱い時には絶対知っておくべき注意点も解説しますので、しっかり抑えておきましょう。


キッチンカーで使うプロパンガスとは

ガスの炎家庭でもよく使われているプロパンガス。

 

都市ガスを利用する家庭は多いですが、地方の普及率は高くなく身近な存在です。

 

キッチンカーで使用されるプロパンガスについて説明します。

 

ガスは都市ガスとプロパンガスに分かれる

販売されているガスは、主に「都市ガス」と「プロパンガス」の2つに分かれます。

 

都市ガスは地面の下に張り巡らされたガス管を通って、各家庭に供給されます。

 

ガス管ごとキッチンカーで移動するわけにはいかないので、持ち運び不可です。

 

一方プロパンガスは、マイナス42度という低温で液化したガスをボンベに充填(じゅうてん)して使用します。

 

ボンベは少々重さはありますが持ち運べるのが利点です。

※充填とは…ガスボンベにガスを詰めること

 

キッチンカーではプロパンガスを使用することが多い

キッチンカーで調理するには調理機器が必要です。

 

高温で調理をするためプロパンガスを用いてコンロや鉄板などを使用するケース、

 

コンパクトさと身軽さを重視しカセットコンロを使用するケース、

 

電気を用いて、電気フライヤーやホットプレートなどの家庭用調理機器を使用するケースがあります。

 

その中でも火力が強く安定したプロパンガスを使用する人が多く、都市ガスよりも約2.3倍の熱量があります。

キッチンカー熱源を確保する方法


プロパンガスの購入・充填方法

ガスタンク

プロパンガスを導入する場合、ガスボンベを購入またはレンタルします。

 

そのガスボンベはどこで購入したらいいのでしょうか。

 

ここではプロパンガス購入の手順と、ガスの充填方法について説明します。

 

①まずはガス会社と契約が必要

ガス会社にガスを売ってもらうためには、ガス会社と契約が必要になります。

 

ですが現在は、個人で新規のガス契約を取り交わすのが厳しい状況にあるのです。

 

その理由は「高圧ガス保安法」が変わったことにあります。

 

万が一ガスによる緊急事態が発生した場合、ガス会社は原則30分以内に現場に駆け付けられる範囲に限って販売することを推奨すると通達しました。

 

キッチンカーはさまざまな場所を移動して販売を行いますよね。

 

そのため規定時間以内に現場へ駆け付けることが難しいため、残念ながら新規での契約は断られやすいのが現状です。

 

経済産業省「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律等に基づく経済産業大臣の処分に係る審査基準等について」
参照:経済産業省

 

それでもプロパンガスが必要である以上、契約してくれるガス会社を探さねばなりません。

 

30分圏内にあるプロパンガス供給販売店とマッチングしてくれる全国LPガス供給加盟店ネットワークもあるので、活用してみてはいかがでしょうか。

全国LPガス供給加盟店ネットワーク


➁ガス会社でガスを充填する

無事ガス会社との契約が完了したら、ガスボンベを持って行き充填してもらいましょう。

 

ガス会社に直接持ち込んで充填してもらう場合もありますし、充填所を指定されそこに持参して充填してもらう場合もあります。

 

どこにガスボンベを持ち込めば良いのか、契約時に確認しておきましょう。

 

ガスボンベは事前に購入しておくとスムーズです。契約時に購入しておくのも良いでしょう。

 

月に何度かしか使用しないのであればレンタルという手もありますが、継続的にキッチンカーで営業するのなら購入しておく方がおすすめです。

 

ガソリンスタンドのように、補充した分のみ料金を支払います。

※充填の際は、ガスボンベの中にガスが残ったままでもOK。

 

ガス会社によっては定期購入が可能で、ボンベ内のガスが減ってきたタイミングで配達してくれるところもありますので、チェックしてみましょう。

 

ガスを充填する際には、ガスボンベに調整器を取り付けた状態であることが前提となります。

 

ガスボンベ内のガスは圧力が高く、そのままでは使用することができません。

 

そのため圧力の高いガスを、圧力を下げる機器を通して使用可能なレベルまで調整するのが調整器の役割です。

 

プロパンガスの料金

ガス料金のめやす
プロパンガスを利用するにあたり、料金はどのくらいかかるのか気になるところです。

 

ここではガス料金のおおまかな目安を紹介します。

 

前提として、販売店により異なる

プロパンガスは公共料金ではなく自由料金となります。

 

ガソリンと同じように販売店が自由に料金を決められ、高いところや安いところがあります。

 

地域や仕入れ値などを考慮して価格設定されるので、基準が決まっていません。

 

プロパンガスは料金開示が義務ではないので、ホームページに載っていないことも多くあります。

 

直接販売店に問い合わせて確認しましょう。

 

料金の目安

明確な数値を出すことはできませんが、おおよその相場として目安は1kgあたり440~900円程度となります。

 

一例として:
  2kg容器に充填すると約1,800円(1kgあたり約900円)
  5kg容器に充填すると約2,800円(1kgあたり約560円)
  8kg容器に充填すると約3,500円(1kgあたり約440円)
  10kg容器に充填すると約4,400円(1kgあたり約440円)

 

というように、容器が大きいほど安く購入できる傾向にあります。

 

キッチンカーのように車に乗せて持ち運ぶのであれば、5~10㎏のボンベを用意するのがおすすめです。

 

ガスボンベ販売サイトのおすすめボンベはこちら。

5kgpho

8kgpho

10kgpho

 

※こちらはボンベのみの商品です。調整器やガスホースが別途必要です。

購入サイトはこちら


2kgだとすぐにガスが切れてしまって充填が頻繁になってしまいますし、かといって10㎏以上だと持ち運びが大変な上に車内が狭くなってしまうことが懸念されます。

 

※〇kgとは充填したガス量のことを指します。ガスボンベ本体の重さではありません。

 

なおガスボンベを持ち込むのではなく配達にて受け取る場合は、別途送料もかかってくるので注意しましょう。


プロパンガスの使用時間目安

使用可能時間は

〇kgと聞いても、どのくらい持つかのイメージが沸かない方も多いはず。

 

どのくらいの容量で、どのくらいの時間使用することができるのでしょうか。

 

例えば、火力の弱い調理機器で5kgのガスボンベを使用したとします。

 

1日6時間程度使用すると、約4日間使用可能です。

 

ただし高温のフライヤーなど、火力の強いメニューなら消費量も増えますので、残量をこまめにチェックしましょう。

 

調理の途中でガス切れしてしまった!ということのないよう予備のガスボンベを準備しておくと安心です。

 

プロパンガスはレンタルもできる

レンタルも選択肢
月に数回しか使わなかったり1回の使用量が少ないなど、一時的にキッチンカーを運営するだけならガスボンベを購入せずレンタルすることも可能です。

 

例えば地域のイベントで数日だけ使用する程度なら、購入するよりも安く済むこともあります。

 

ガス会社によっては、ガスボンベや調整器を含めたプロパンガス機器を設置してから使用後の回収まで行ってくれるサービスもあるのです。

 

付属品のセットや回収サービスも含めて、ガスボンベ8kgで約12,000円というお得なプランも。

詳しくはこちら

 

貯蔵関係の法令に則った管理や保管場所の確保も不要なので、初心者にもおすすめです。

 

プロパンガスをレンタルするなら、早めにガス会社に連絡しておきましょう。


プロパンガス使用時の注意点

ここに注意

キッチンカーのオーナーとしてガスボンベを所有している以上、保管方法にも気を配りましょう。

 

保管方法については高圧ガス保安法で定められています。

 

火気厳禁!ガスボンベの置き場所に注意

またすぐ使うからといって車に乗せたままだと、貯蔵関係の法令に抵触する可能性があります。

 

平らで直射日光が当たらない風通しの良い場所に設置しましょう。

 

車に載せる際は寝かせず縦に積み込み、地震などで倒れないようロープや鎖で固定します。

 

「モエバネ君®」という、安全に固定し使い勝手のいいガスボンベスタンドもあるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

ボンベスタンド「モバエネ君」

 

保管する際は、必ず火気から2メートル以上離しましょう。

 

40度以上になる恐れがある場所に置くことも禁止されています。

 

夏場は車の中が高温になりますので、置きっぱなしにするのはとても危険です。

 

都度取り付けの確認・機器の点検が必要

プロパンガスの取り扱いは十分に注意が必要です。

 

使用する際は毎回、ガスボンベ・調整器・ホース・ヒューズコック・コンロなど接続部分を点検しましょう。

 

特にガスホース(オレンジ色のホース)が損傷していると、ガス漏れを起こす危険があるので注意しましょう。

 

プロパンガスの取り扱いは、注意を怠ると福知山の露店爆発事故のように大惨事となる可能性もあります。

 

プロパンガスは便利ですが、同時に人の命を奪いかねない危険なものでもありますので充分に気を引き締めて使用するよう心掛けましょう。

 

消火器を用意する

イベントで出店する際、消防署の規制により消火器の設置が義務付けられています。

 

自治体によっては消火器の種類や大きさも指定されていることがあるので、出店前に確認しておきましょう。

 

また設置するだけでなく、もしもの場合に慌てないよう使用方法も把握しておくことがおすすめです。

 

キッチンカーで運搬できるガスボンベの大きさ

よくガスボンベを運搬するトラックに「高圧ガス」というステッカーが貼られているのを見かけます。

 

ガスボンベを車載したキッチンカーは貼るべきなのでしょうか。

 

プロパンガスのボンベ10㎏が2本までなら、警戒標識(ステッカー)を貼る必要はありません。

 

それ以上の積載となると警戒標識が必要となります。


まとめ

まとめ
いかがでしたか?

 

キッチンカーを運営するにあたって最も使用されている熱源はプロパンガスです。

 

その理由は、火力の高さと安定性です。

 

プロパンガスは公共設備ではないので、料金もサービスも各社様々。

 

直接問い合わせをするなどして自分に合ったガス会社を探してみましょう。


お気に入りの内装をほどこしたキッチンカーにガスボンベを乗せて、お客様においしい料理と真心を届けましょう!

 

キッチンカーの内装について詳しくはこちらの記事をお読みください。

失敗しないキッチンカーの内装

この記事をシェアする

今すぐお電話

メールでお問い合わせ