MYキッチンカー
MYキッチンカー
お役立ち情報
BLOG
お役立ち情報

キッチンカーの移動カフェ!開業手順やおすすめのコーヒーマシン~フランチャイズについて

2022.02.28
出店サポート
キッチンカーの移動カフェ!開業手順やおすすめのコーヒーマシン~フランチャイズについて
 

イベントや人通りの多い街中などで見かけるキッチンカーの移動カフェ。



カフェ開業に興味がある方の中には、キッチンカーでの営業を考えている方も多いのではないでしょうか。


この記事では、キッチンカーでの移動カフェについて、開業手順やおすすめのコーヒーマシンなどについて詳しく解説します。

 

キッチンカーでカフェを開業するメリット

フードトラック青コーヒー

まずは、キッチンカーでカフェを開業するメリットをご紹介します。

 

移動販売にすることで初期コストが削減できる

キッチンカーでカフェを開業するメリットの1つは、初期コストが削減できることです。

 

移動カフェの平均初期費用は、軽自動車で100~150万円、普通車でも200~300万円で開業できます。

 

もし、店舗型のカフェを開業しようと思うと、最初に土地や店舗を購入したりテナントを借りたりする必要があり、それだけでも膨大なコストが必要でしょう。

 

少ない資金で開業できるのも、キッチンカーの大きなメリットです。

 

コーヒーは提供スピードが早く作業効率もよい

コーヒーは提供スピードが早く、作業効率がよいこともメリットとしてあげられます。

 

注文が入ってからエスプレッソマシンやハンドドリップなどでコーヒーを入れるだけのシンプルな作業工程なので、カフェ経営が初めての方でも効率よく営業できます。

 

提供スピードの早さは、大勢の人が訪れるイベントなどでも強みになるでしょう。

 

シーズンや時間に左右されない

コーヒーはシーズンや時間に左右されず、いつでも販売できます。

 

夏はアイス、冬はホットとシーズンを問わず販売でき、人がいる時間ならいつでも売れる商品です。

 

たとえば、キッチンカーでカレーやクレープを朝から販売したとしても、その時間から買ってくれるお客様は少ないでしょう。

 

しかし、コーヒーなら出勤前やランチ、ちょっとした空き時間など時間も場所も選びません。

 

専門的な知識不要で初心者でも始めやすい

コーヒーの移動販売は、専門的な知識が不要で初心者にも始めやすい点もメリットでしょう。

 

理由は、カフェには専用の調理器具が少なく、専門的な知識を取り入れることもほとんどないからです。

 

ラーメンや焼き鳥など、専用調理器具が必要で味の探究に時間を要するメニューだと開業まで大変ですが、カフェなら初心者でも気軽に始めることができます。

 

キッチンカーでカフェを開業することのデメリット

モノトーンコーヒー

キッチンカーでカフェを開業するには、メリットだけでなくデメリットもあります。

 

コーヒーだけでは利益率が悪い

デメリットの1つに、コーヒーは「利益率の悪さ」があげられます。

 

コーヒーは1杯の単価が安いため、たとえ1杯300円のコーヒーを10人に売ったとしても売上は3,000円です。

 

もちろん、原価があるのでそのまますべてが利益になるわけではありません。

 

コーヒーだけでは利益率が悪く、売上も伸びないことを覚えておきましょう。

 

競合が多い

コーヒーは競合が多いです。

 

シーズンや時間帯を問わず売れるコーヒーだからこそ、有名なチェーン店だけでなくコンビニでも100円程で購入できてしまいます。

 

そのため、メニューがコーヒーだけでは競合と差別化ができず、売上につなげにくいでしょう。

 

キッチンカーでカフェを開業するまでの手順

飲みかけたコーヒー

キッチンカーでカフェを開業するまでの手順や必要な資格をご説明します。

 

開業までの流れ

キッチンカーでカフェを始めるまでの流れはこちらです。

  1. コンセプトや戦略を考え必要コスト・予算を算出
  2. 開業資金を用意
  3. 必要な資格・設備・手続き
  4. 出店場所の確保
  5. キッチンカーを用意する
  6. 必要な保険に加入
  7. 食材の仕入れ
  8. 広告やSNSで宣伝

 

必要な資格・許可

キッチンカーでの開業に必要な資格と許可は主に2つです。

 

食品衛生責任者

食品を扱う営業をする場合、施設ごとに必ず1名以上の食品衛生責任者を配置する必要があります。

 

食品衛生責任者の資格は、都道府県の食品衛生協会が開催している「食品衛生責任者養成講習会」を受講することで取得可能です。

 

飲食店営業

以前はキッチンカーで取り扱うメニューによって営業許可の種類が異なりましたが、2021年6月からすべてのメニューで「飲食店営業」の許可が必要となりました。

 

保健所へ営業許可申請の際には、先ほど紹介した「食品衛生責任者の資格」と「移動販売で使用する車の申請」が必要です。

 

また、サイドメニューを作るなどの「仕込み行為」について「自宅でしよう」と考えている人もいるかもしれませんが、ほとんどの保健所は自宅での仕込みを許可していません

 

車内での仕込み行為も都道府県によって基準が異なる可能性があるため、事前に出店地域を確認しておきましょう。

 

カフェに必須のエスプレッソマシン(コーヒーマシン)について

エスプレッソマシン

ここでは、カフェに必須のエスプレッソマシンの選び方や、おすすめのマシンをご紹介します。

 

ぜひ、エスプレッソマシン購入の参考にしてください。

 

エスプレッソマシン(コーヒーマシン)の選び方

エスプレッソマシンには「パウダー式専用マシン」「カフェポッド式専用マシン」「両方対応のマシン」の3種類あります。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので、ご自身が目指すコーヒーに合ったものを選びましょう。

 

もし「迷って選べない」ときには、パウダー式とカフェポッド式の両方に対応したものを選んでおくと安心です。

 

パウダー式専用マシン

パウダー式とは、挽いた豆をエスプレッソマシンに自分で詰めてから抽出する方法です。

 

手作業で行うため、こだわりのコーヒーを提供したい方におすすめです。

 

価格は10~20万円ほどで購入できます。

 

メリット

  • コーヒー豆の量や種類などを自由に変更できる
  • こだわりのコーヒーを提供できる

 

デメリット

  • カフェポッド式に比べると抽出に時間がかかる
  • コーヒー粉の掃除が必要
  • 挽きたての味を提供するには、コーヒーミルも必要に
  • 電源を追加で確保する必要がある

 

カフェポッド式専用マシン

カフェポッド式とは、コーヒー豆のカプセル(カフェポッド)を使って抽出する方法です。

 

手軽に抽出できるため、スピードを重視したい方や初心者の方におすすめのマシンです。

 

価格は2~3万円ほどで購入できます。

 

メリット

  • スピーディーに提供できる
  • 手軽にエスプレッソを抽出できる
  • パウダー式に比べて本体が安い
  • カプセル使用で掃除が楽

 

デメリット

  • こだわりを追求するには限界がある
  • カフェポッドはコーヒー豆よりも割高

 

パウダー式・カフェポッド式両方対応のマシン

パウダー式とカフェポッド式両方のメリット・デメリットを持ち合わせています。

 

どちらも使いたい方や、迷って選べない方にもおすすめですが、購入の際には使用電力量に注意して選びましょう。

 

価格は10~25万円ほどで購入できます。

 

消費電力と電圧に注意する

エスプレッソマシンを選ぶ際には、「電圧:100V 消費電力:1,500W以下」のマシンを選びましょう。

 

キッチンカーでの営業は電源が自由に使えないことが度々あります。

 

そのため、消費電力の大きいエスプレッソマシンを利用するほとんどの人が「発電機」を使用しています。

 

ただし発電機にも限度があるため、「電圧:100V 消費電力:1,500W以下」のマシンを選ぶことが重要です。

 

おすすめのエスプレッソマシン(コーヒーマシン)

エスプレッソマシンの特徴や消費電力の条件を踏まえたうえで、キッチンカーで使えるおすすめのエスプレッソマシンを2つご紹介します。

 

Gaggia ガジア エスプレッソマシン Classic クラシック SIN035

GAGGIA

引用
商品リンク

ガジア社は、現代の主流となった「圧力でエスプレッソを抽出する」という方法を、世界で初めて生み出したイタリアのメーカーです。

 

「電圧:100V 消費電力:1,250W」でパウダー式とカフェポッド式の両方に対応しています。

 

デロンギ エスプレッソ・カプチーノ オートマティックカプチーノ EC860M

デロンギ

引用
商品リンク

カプチーノやラテアートまで楽しめる、こだわりのエスプレッソ・カプチーノマシンです。

 

「電圧:100V 消費電力:1,300W」でパウダー式とカフェポッド式の両方に対応しています。

 

カフェ営業をキッチンカーで成功させるコツ

白キッチンカーコーヒー

キッチンカーでカフェを始めたいけど「成功するか不安」という方のために、カフェ営業を成功させるコツをご紹介します。

 

フードメニューにも力を入れる

キッチンカーでカフェを開業するなら、コーヒーだけでなくフードメニューにも力を入れましょう。

 

デメリットでもお伝えしましたが、シーズンや時間帯を問わず売れるコーヒーだからこそ競合も多いのが現状です。

 

そのため、コーヒーだけで利益を出そうとせず、コーヒーと相性のよいフードメニューにも力を入れて他店との差別化を図ることが重要です。

 

コーヒーとセットで購入しやすいちょっとしたメニューや、お土産として購入できるメニューもあると重宝されます。

 

コーヒーと一緒にフードも購入してもらうことで、顧客単価もアップしますよ

 

出店場所のリサーチは念入りに

出店場所のリサーチも念入りにしましょう。

 

キッチンカーは店舗型と違い、ニーズや時間帯に合わせて人通りが多い場所へ移動できます。

 

このメリットを最大限に生かして、平日はオフィス街、土日はイベントや住宅展示場などニーズのある場所へ移動しましょう。

 

日頃から出店場所を探しておくのも売上をアップさせるコツです。

 

車種・車両のデザインにもこだわろう

集客のためにはキッチンカーのデザインもポイントです。

 

どんなにおいしいコーヒーを提供していたとしても、道行く人に足を止めてもらえなければ売上にはつながりません。

 

道行く人の記憶に残り、足を止めてもらえるようなデザインにしましょう。

 

一般的に「カフェ=オシャレ」なイメージを持つ人が多いため、キッチンカーのデザインは可愛いよりも上品に、カラーは茶色やネイビー、落ち着いた赤などシックな色がおすすめです。

 

キッチンカーでカフェのフランチャイズ営業って実際どう?

キッチンカーでカフェを営業するなら、フランチャイズへの加盟をお考えの方もいるのではないでしょうか。

 

最後に、フランチャイズのメリット・デメリットや、おすすめフランチャイズをご紹介します。

 

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズのメリット

  • 初期費用が抑えられる
  • 出店場所やレシピのサポートが受けられる

フランチャイズの会社によっては、キッチンカーだけでなく調理設備も揃っているコースもあります。

 

さらに、出店後も出店場所やレシピのサポートが受けられるので、1人でゼロから開拓するよりも安心感があるでしょう。

 

フランチャイズのデメリット

  • ロイヤリティの支払いがある
  • 調理機器やメニューなどの指定がある
  • 契約期間が決まっている

フランチャイズに加盟すると、サポートを受ける対価としてロイヤリティの支払いがあります。

 

他にも、調理機器やメニューに指定があり自由度が低かったり、契約期間中は契約解除ができなかったりする会社もあります。

 

メリットだけでなく、デメリットもしっかりと確認しておきましょう。

 

移動カフェのおすすめフランチャイズ【ブーブーカフェ】

ブーブーカフェ

100万円以内でらくらくスタートできるのがブーブーカフェの特徴です。

 

追加料金を支払えば、ご自身の屋号でも移動カフェが開業できます。

公式サイト

 

移動カフェのおすすめフランチャイズ【移動カフェEZYCAFE】

EZYカフェ

EZYCAFEでは、本格コーヒー以外にも、多彩なアレンジドリンクやこだわりのフードメニューを提供しています。

Facebook公式サイト

 

移動カフェのおすすめフランチャイズ【MOTOYAEXPRESS】

ヤマモトエクスプレス

2000年からフランチャイズを導入したMOTOYAEXPRESSは、映画映像の制作現場でも活用されています。

Facebook公式サイト

 

キッチンカーでカフェを開業するならMYキッチンカーへ

キッチンカーTOP

MYキッチンカーは年間100件以上の出店サポート実績があり、キッチンカーの製作から開業準備までフルサポートしています。

 

キッチンカーに興味はあるけど「うまく開業できるか不安」な方は、ぜひMYキッチンカーにお任せください!

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

MYキッチンカー

 

まとめ

コーヒー豆とカップ

キッチンカーの移動カフェは、専門的な知識が不要で初心者にも始めやすいです。

 

ただし、シーズンや時間に左右されず売れる商品だからこそ「競合が多い」というデメリットもあります。

 

キッチンカーでのカフェ営業を成功させるには、コーヒーだけで売上を伸ばそうとせず、フードメニューにも力を入れて競合と差別化を図りましょう。



ぜひ本記事の内容を、ご自身のキッチンカーのメニュー作成にお役立てください。

この記事をシェアする

今すぐお電話
9:00~18:00

メールで無料相談
または資料請求