MYキッチンカー
MYキッチンカー
お役立ち情報
BLOG
お役立ち情報

失敗しない為のキッチンカー開業準備!資金や助成金・必要な許可・場所を解説

2021.02.26
出店サポート
失敗しない為のキッチンカー開業準備!資金や助成金・必要な許可・場所を解説
 

「キッチンカーの開業って、何が必要?」


「キッチンカーを始めたいが、準備できるか不安」

 

そんな方に向けて、開業方法や成功のポイントを一挙ご紹介していきます。

 

この記事でキッチンカー開業に必要な準備を理解し、開業時に是非活かしてください。

 

また、MYキッチンカーでは開業の準備までお手伝いさせて頂きます!

 

詳しくはお問い合わせフォームよりお待ちしております。

お問い合わせはこちら

 

キッチンカー開業が増えてきている理由

キッチンカー開業が増えてきている理由

昨今、起業のひとつの手段として「キッチンカー」を始める人が増えています。

 

一体なぜキッチンカーが増えているのか、その理由について見ていきましょう。

 

コロナ禍

キッチンカー急増の背景にあるのが「コロナ禍」です。

 

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛によって「イートイン」の需要が激減。

 

一方で「テイクアウト」の需要が急増し、その波に乗るべくキッチンカーを開業する人が増えているのです。

 

また、初期費用が低く自由度も高いことから、「副業」としてキッチンカーを始める人もいます。

 

補助金

キッチンカー開業を後押ししている理由に「補助金」の存在もあります。

 

例えば、地域で新しい事業を始める人向けの「地域創造的企業補助金」や「地域雇用開発助成金」などです。

 

コロナ禍で新たな補助金や助成金制度も設けられています。

 

その中でも、全国を対象に上限100万円まで補助が受けられる「小規模事業者持続化補助金」や、東京都を対象に業態転換した事業者に対する「業態転換支援事業」などが代表例です。

 

他にも各自治体で多様な制度が打ち出されており、10〜100万円程度の補助や助成を受けられます。

 

キッチンカー開業のメリット

前章ではキッチンカー増加の背景についてお伝えしてきました。

 

では具体的に、キッチンカーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

メリットとして以下の3つがあげられます。

●家賃・人件費が抑えられる
●移動して出店場所を変えられる
●ニーズによってメニューを変えられる

 

家賃・人件費が抑えられる

キッチンカーは、固定店舗におけるテナントの「家賃」や、スタッフを雇う「人件費」を抑えることが可能です。

 

場合によってはアルバイトを雇うケースもありますが、キッチンカーのキャパシティを考えても1〜2名が限界です。

 

家賃や人件費がかからないということは、月々の固定費が大幅に削減され、より多くの利益が出るということ。

 

したがってキャッシュフローが安定しやすく、閉店リスクも低くなります。

 

移動して出店場所を変えられる

キッチンカーの最大の魅力ともいえるのが、移動して最適な出店場所に変更できることです。

 

固定店舗のように同じ場所に居続ける必要はなく、売れそうな場所に移動して販売できます。

 

お客さんを待つだけだなく、人が集まりそうな場所へ移動するなど、「自分の足」で積極的な商売ができるのです。

 

ただし、出店場所の確保には自治体や仲介業者からの「許可」が必要になります。

 

地域をまたぐ際は各自治体ごとに許可が必要なので要注意。

 

都市部の人が集まるエリアは人気で埋まっているケースも考えられます。

 

必ずしも自分が出店したい場所で商売できるとは限らないことを覚えておきましょう。

 

ニーズによってメニューを変えられる

キッチンカーなら、場所と同じくメニューも好きにチェンジできます。

 

複数の場所で商品を販売するキッチンカー。当然ながら、出店場所によってお客さんの層も変わります。

 

そのため、固定店舗よりもメニューを変えやすいメリットがあるのです。

 

ビジネス街でキッチンカーを構えれば「ランチ難民のビジネスパーソン」が利用し、住宅街で店を構えれば「ファミリー層」が利用するでしょう。

 

ビジネスパーソンであれば「お弁当」が売れ、ファミリー層であれば「お惣菜」がよく売れます。

 

そのように、「どこで誰に売るのか?」を明確にして、ニーズに応えるメニュー提供することで、売上アップにつながるでしょう。

 

キッチンカーを開業するまでの手順

キッチンカーを開業するまでの手順

それでは本題の「キッチンカーを開業するまでの手順」について見ていきましょう。

 

キッチンカーの開業には、以下の8つの手順があります。

1.コンセプトや戦略を考え必要コスト・予算を算出
2.開業資金を用意
3.必要な資格・設備・手続き
4.出店場所の確保
5.キッチンカーを用意する
6.必要な保険に加入
7.食材の仕入れ
8.広告やSNSで宣伝

 

①コンセプトや戦略を考え必要コスト・予算を算出

まずは、キッチンカーのコンセプトや戦略を考えます。

 

「ターゲットは誰なのか?」「何を売るのか?」「他の出店者とどう差別化するか?」といった、キッチンカー経営の柱となる部分を詰めましょう。

 

またコンセプトや戦略だけでなく、必要コストや予算を把握しておくことも重要です。

 

キッチンカー開業の相場はおおむね300万円程度。高くても500万円あれば豪華なキッチンカーを開業できます。

 

開業にはかかるコストは以下のとおりです。

かかる費用内容相場
車両購入費キッチンカーの車両100〜200万円
交通費ガソリン代、高速道路料金など1〜2万円
食材費商品開発や練習のための食材費用2〜5万円
設備費ガスコンロ、冷蔵庫、発電機、キッチンなど10〜20万円
営業許可取得のための費用食品衛生責任者の講習、保健所への申請費用など7〜10万円
広告宣伝費ロゴ製作、ブログ運営、通信費など2〜5万円
消耗品費商品の包装紙、包装パック、事務用品など5〜10万円
キッチンカーの装飾費メニュー表、テーブル、置物など5〜10万円

 

キッチンカーの開業では、車両だけでなく設備費や装飾費などさまざまなコストがかかります。

 

固定店舗と比べると安いですが、それでも数百万円はかかるため、できるだけ正確な見積もりを出しておきましょう。

 

②開業資金を用意

キッチンカーを始めるには「開業資金」が必要になります。

 

開業資金を集める方法は以下の3つです。

●自己資金を貯蓄する
●金融機関から融資を受ける
●投資家から出資を受ける

 

もっともリスクが低いのは「自己資金」ですが、自分の力だけで300〜500万円を貯めるのはかなりハードルが高いでしょう。

 

そのため金融機関からの融資も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

なかでも、「日本政策金融公庫」は開業が初めての人でもお金を借りやすいです。

 

100〜200万円程度の貯蓄があれば、貯蓄を担保にまとまった融資を受けることができます。

 

その他に「投資家から出資を受ける」という方法もありますが、正直オススメできません。

 

なぜならトラブルに発展しやすいから

 

例えば、キッチンカー店長と出資者で経営方針にすれ違いが起きたり、利益配分のことで揉めたりと、さまざまなトラブルが考えられます。

 

そのため、自己資金または金融機関からの融資で開業するのがオススメです。

 

③必要な資格・設備・手続き

開業資金の問題がクリアになったら、次にキッチンカー開業に必要な「資格」「設備」「手続き」を行いましょう。

 

具体的にやるべきこととして、以下の3つとなります。

●食品衛生責任者
●営業許可
●仕込み場所

 

【食品衛生責任者】
キッチンカーを含む飲食店を開業する場合、店舗(キッチンカー)に、必ず1人以上の食品衛生責任者が必要になります。

 

食品衛生責任者資格は、各都道府県の食品衛生協会が行う「講習」に参加することで取得できます。

 

【保健所の営業許可】
同じく、保健所の「営業許可」も必要です。

 

固定店舗やキッチンカーを問わず飲食業を営む場合、各都道府県の保健所が定める基準をクリアしなければ営業できません。

 

営業許可には、一般的な料理を取り扱う「飲食店営業許可」や、クレープなどお菓子に限られる「菓子製造業」、コーヒーやソフトドリンクの「喫茶店営業」などいくつか種類があります。

 

どんな商品を提供するかによって該当許可が異なるため、事前に保健所に相談するようにしましょう。

 

【仕込み場所】
キッチンカー開業にあたって多くの人がぶつかる壁が「仕込み場所」です。

 

キッチンカーの仕込みができるのは「営業許可を取得した店舗」に限られます。自宅で調理することはできないので要注意。

 

仕込み場所を確保する方法としては、飲食店を経営している知人からキッチンを借りる、レンタルキッチンを利用するなどの対応策が考えられます。

 

キッチンカーに必要な資格について詳しくはこちらの記事をお読みください。

キッチンカー開業~営業に必要な資格

 

④出店場所の確保

各種許可を取得したら、次に「出店場所」を確保しましょう。

 

キッチンカーには「自分の好きな場所にどこでも出店できる」というイメージがありますが、実は間違いです。

 

キッチンカーの出店には、必ず「許可」を取らなければなりません。

 

必ず自治体ごとの許可やスペースを仲介する業者からの許可を取る必要があります。

 

人気のスペースはスペース確保の競争が激しく、他の出店者に占有されてしまうケースも。

 

そのため希望するスペースを見つけたら、仲介業者に営業をかけたり、問い合わせをしたりと、できるだけ早く動くことが大切です。

 

出店する際には、「出店料」がかかることも覚えておきましょう。

 

キッチンカーの出店場所について詳しくはこちらの記事をお読みください。

キッチンカーおすすめの出店場所

 

⑤キッチンカーを用意する

出店場所が確保できたら、次にキッチンカーを用意しましょう。

 

キッチンカーを用意する方法は以下の4つです。

●新車を製作(業者)
●中古キッチンカーを購入・中古車を購入して改造
●レンタル
●リース

 

それぞれの相場は以下のとおりです。

 相場
新車を製作(業者) 300〜500万円

中古キッチンカーを購入
中古車を購入して改造

150〜200万円
レンタル2〜5万円(1日あたり)
リース 初期費用:0〜50万円
リース料金:5万円程度(1ヶ月あたり)


【営業許可の通る内装に】
先述したように、キッチンカーの運営には、保健所の「営業許可」が必要です。

 

車内の設備においても、給水・排水タンクや給湯設備、照明、水拭きできるキッチンと床素材、窓やサッシなどさまざまな条件があります。

 

必ず営業許可を前提に、キッチンカー製作を進めましょう。

 

【使いやすさが効率につながる】
キッチンカーは車内が狭いため、「小さな車内でいかに効率よく商品を調理、提供するか」が求められます。

 

そのため営業許可の基準を満たしつつ、できるだけ無駄を排除しましょう。

 

冷蔵庫やガスコンロもコンパクトな物を選ぶ、ワンタッチですぐに提供口を準備できる、など最大限効率の良いキッチンカーを作りましょう。

 

⑥必要な保険に加入

車両の準備ができたら、次に「保険」に加入しましょう。

 

キッチンカーで加入するべき保険は以下の2つです。

●自動車保険
●製造物責任保険(PL保険)

 

【自動車保険】
キッチンカーは「自動車」ですので、一般的な自動車も同じように自動車保険に入らなければなりません。

 

基本的には特殊用途車両である「8ナンバー」に該当するため、8ナンバーに対応した自動車保険に加入する必要があります。

 

【製造物責任保険(PL保険)】
食品を提供したお客さんに何らかの損害を与えた場合の補償をしてくれる保険です。

 

例えば、食中毒やお客さんの服を汚してしまった場合などに適用されます。

 

⑦食材の仕入れ

車両の準備が整ったら、次に「食材の仕入れ」をしましょう。

 

仕入れで重要なのが「原価率」です。

 

原価率とは、販売価格に対して原価がどれくらいを占めているのか、を表す指標となります。

 

例えば、1つ450円のケバブを売るとして原価が150円だった場合、原価率は30%になります。

 

飲食の場合、原価は30%以下が目安とされており、30%を超えると利益と少なくなるため、薄利多売を余儀なくされるでょう。

 

できるだけ原価を抑えつつ、お客さんに満足してもらえる販売価格を設定することが大切です。

 

⑧広告やSNSで宣伝

1〜7の工程をクリアしたら、最後にキッチンカーの広告や宣伝をしましょう。

 

有料広告を使うのも良いですが、それではコストが嵩んでしまうため、まずは無料のツールを使うのがオススメ。

 

代表例は「SNS」と「無料ホームページ」です。

 

SNSやホームページなどの「集客の窓口」を持っておくことで、消費者がお店にアクセスしやすくなります。

 

SNSではTwitterやInstagram、Facebookなど複数のツールを運用するのが良いでしょう。窓口の数が多いほど、多くの消費者にアプローチできます。

 

キッチンカー開業を成功する秘訣

キッチンカー開業を成功する秘訣

キッチンカー開業の手順についてお伝えしました。

 

しかし、せっかくキッチンカーを開業するなら成功させたいのが本音です。

 

そこで、キッチンカー開業を成功させるための秘訣をいくつかご紹介します。

 

売れるメニューのポイント

言わずもがな、キッチンカーを繁盛させるためには「売れるメニュー」を提供する必要があります。

 

売れるメニューとは、クレープや唐揚げなど「消費者から受け入れられやすいメニュー」のこと。

 

見たことのない目新しいメニューも、 場合によっては爆発的に売れることがありますが、多くの場合は消費者の購買意欲をそそりません。

 

まずは誰もが知っているオーソドックスなメニューを販売するのが無難でしょう。

 

事業が軌道に乗ってきたら、既存メニューを軸に新作メニューを販売するのがオススメです。

 

いきなり奇抜なメニューを売り出すのではなく、まずはお客さんに買ってもらえる、買いやすいメニューを提供しましょう。

 

効率を重視したキッチンカーを作成

基本的にキッチンカーは「テイクアウト」で販売します。

 

座席がないのでお客さんの数にも限りはありませんが、その分「効率」が求められます。

 

仮に行列ができた場合、お客さんに対してスピーディーに商品を提供できるような工夫をしておきましょう。

 

例えば、以下のような工夫が考えられます。

●包装紙や容器はすぐ補充できる場所に置いておく
●後方に並んでいる人でも見えるようにメニューを掲示する
●在庫がなくならないよう多めに仕込みをしておく
●調理や対応方法をオペレーション化しておく

 

待ち時間を少なくすれば、お客さんへのストレスや負担が減り、キッチンカーの売上も大幅に上がります。

 

できるだけ効率良く商品を提供するためにも、多めに仕込みする、調理や対応方法をオペレーション化するなど、下準備を入念にしておきましょう。

 

余計なところに予算をかけない

冒頭でお伝えしたように、キッチンカーは固定店舗よりも開業費用が安く済みます。

 

大体300〜500万円程度で設備の整ったキッチンカーを作ることはできますが、開業費用は安いに越したことはありません。

 

なかには200万円でキッチンカーを作った人もいます。

 

コストをうまく削減すれば、150〜200万円程度でキッチンカーを開業することも可能です。

 

以下のようなコスト削減方法も検討してみてくださいね。

●新車ではなく中古車を購入する
●業者ではなくDIYで設備や装飾をする
●冷蔵庫やガスコンロは中古で購入する
●スタッフを雇わず自分だけで営業する
●無料のホームページやSNSを使って宣伝する

 

上記のコストカットを行うだけで50〜100万円程度は削減できるでしょう。

 

今では中古車や中古品も多く出回っています。特に気にしないようであれば、中古車販売業者やリサイクルショップを探してみてください。

 

また最初の数ヶ月は、人件費を抑えるためにも自分ひとりで営業するのがオススメです。

 

ある程度軌道に乗ってきて一人では手に負えなくなったタイミングで、スタッフを雇うのが良いでしょう。

 

また現代では、ホームページ製作やSNS運用も無料でできます。

 

活用方法によっては十分効果を得られるため、いきなり広告費を使うのではなく、まずは無料の媒体を使ってみるのがオススメです。

 

目標設定する

キッチンカーに限らず事業を成功させるには「目標設定」が大切です。

 

「お客さんから親しまれる店を作る」などの抽象的な目標ではなく、「月商100万円を目指す」など、具体的な数字を目標とする方が、行動も明確になります。

 

1ヶ月の稼働が25日だった場合、月商100万円に到達するためには、1日平均4万円を売らなければなりません。

 

目標を数値化すると、「1日4万円売るためにはどう工夫すれば良いか?」といった具体的な方法を考えるようになります。

 

具体的に挙げるならば、「昼はランチ難民を狙ってビジネス街に出店する」「ランチ難民が減り始めたら住宅街に移動してファミリー層向けに惣菜を売る」といった施策も考えられます。

 

このように、目標の数値化によって具体的な対応方法を考えるようになり、今やるべきことが明確になるのです。

 

フランチャイズや製作会社のサポートを活用

自分の力だけで開業するのではなく、フランチャイズや製作会社のサポートを活用するのも手です。

 

キッチンカー業界ではフランチャイズが活発に行われており、仕入れや出店場所の確保サポートなどしてくれます。

 

フランチャイズによって加盟金やロイヤリティの契約内容は異なりますが、ノウハウを教えてくれるため自力での開業よりもハードルが低く、集客しやすいのが特徴です。

 

また、内装や設備を外注したい場合はキッチンカーの製作会社がオススメです。

 

車内の塗装や電気工事、給排水工事、照明設置など、キッチンカーのデザインや設備全般を担ってくれます。

 

工事費用として100〜200万円程度がかりますが、今後長くキッチンカーを運営していくのなら、製作会社に内装や設備をお願いするのが確実です。

 

その他キッチンカー開業のQ&A

その他キッチンカー開業のQ&A

キッチンカー開業の手順や成功のポイントについてお伝えしましたが、まだまだキッチンカー開業に関する疑問はたくさんあるはず。

 

そこで最後に、キッチンカー開業のQ&Aをいくつかご紹介します。

 

準備期間はどれくらいかかるか

キッチンカーを開業しようと考えてから実際に開業するまでは、3ヶ月程度の準備期間を要します。

 

中古のキッチンカーを購入した場合、最初からある程度の内装が整っているため開業を早められるでしょう。

 

ただし自分好みのキッチンカーを作る場合は、どれだけ早くても1~2ヶ月程度はかかります。

 

加えて、営業許可を申請してから実際に許可が下りるまでの期間や、出店場所の申請期間なども加味しなければなりません。

 

2〜3ヶ月で開業することは可能ですが、その分車両の準備や申請等で毎日忙しくなるでしょう。

 

余裕を持って開業したい方は、開業の4〜5ヶ月前から準備を始めるのがオススメです。

 

中古車を選ぶ際の注意点

開業費用を抑えるために中古車の購入を考えている方もいるはずですよね。

 

中古車を選ぶ際は、価格だけでなく「車検の有無」や「メンテナンス状態」、「キズの有無」などをしっかりと確認しておきましょう。

 

安くてもメンテナンス状態が悪ければ、後に車検費用や修理費用がかさんでしまいます。

 

安いものにはそれなりの理由があるということは心得ておきましょう。

 

ちなみに、新車を購入しても営業しているとすぐに傷や汚れは付きます。

 

車体の綺麗さよりも、車体や設備の状態を重視して選んだ方が得策ではないでしょうか。

 

キッチンカーの中古車について詳しくはこちらの記事をお読みください。

中古キッチンカーの購入費用相場と選び方

 

キッチンカーは売却もできる?

車両の状態が良ければ売却できます。

 

しかし中古で購入した車の場合、売却時はさらに状態が悪くなっているため価値にならないケースもあります。

 

また、実はキッチンカーを売却できるかは「営業許可」も関係しています。

 

都道府県によって保健所の許可条件が異なるためです。

 

条件が厳しい地域もあれば、そうでない地域もあります。

 

どこの都道府県でも許可が下りるような設備が整ったキッチンカーは売れやすく重宝されます。

 

また、リフォームのしやすいキッチンカーも売却しやすい傾向にあります。

 

MYキッチンカーでは開業・出店のサポートも致します!

MYキッチンカーでは、車両の販売・レンタルだけでなく、開業のお手伝いまでお任せ下さい!

 

キッチンカーの車両は、予算や開業スケジュールに応じて最善のご提案をさせて頂きます。

 

開業に不安がある方も、安心して営業できるようにサポートしていきます。

 

是非MYキッチンカーにご相談ください!

詳しくはこちら


まとめ

本記事では、キッチンカーの開業について以下のポイントを中心にお伝えしました。

●コロナ禍や補助金制度によってキッチンカーを始める人が増えている
●キッチンカーには、「固定費が安い」「出店場所を変えられる」などのメリットがある
●キッチンカーの開業には、予算決めから許可取得、車両の購入、食材の仕入れ、広告宣伝などさまざまなプロセスがある
●実際にキッチンカーを開業するまでには2〜3ヶ月かかる
●キッチンカーを成功させるためには、メニューの選定や開業費用を抑えることが大切

 

コロナ禍や補助金制度など社会的な背景から急増している「キッチンカー」。

 

実際に開業するまでには2〜3ヶ月がかかり、予算決めから許可取得、車両の購入などさまざまな工程をクリアしなければなりません。

 

しかし開業費用は安く固定店舗ほどリスクも大きくないため、やり方によっては大きな利益を出すことができるでしょう。

 

ぜひこの記事の内容を、ご自身のキッチンカー開業にお役立てくださいね。

この記事をシェアする

今すぐお電話
9:00~18:00

メールで無料相談
または資料請求