MYキッチンカー
MYキッチンカー
お役立ち情報
BLOG
お役立ち情報

唐揚げの移動販売(キッチンカー)で成功するコツは?開業準備・フランチャイズのメリットやおすすめも紹介

2022.03.24
出店サポート
唐揚げの移動販売(キッチンカー)で成功するコツは?開業準備・フランチャイズのメリットやおすすめも紹介
 

唐揚げの販売をキッチンカーで始めたい方のために、知っておきたい情報をまとめました。



唐揚げの移動販売を始めるメリットやデメリットから、成功するコツまで詳しくご紹介します。


さらに、開業の準備やおすすめのフランチャイズなど、初めてのキッチンカー開業に役立つ情報満載です。

 

キッチンカーで唐揚げを販売するメリット

唐揚げとフォーク

キッチンカーで唐揚げを販売する具体的なメリットを4つご紹介します。

 

老若男女問わず人気

唐揚げは老若男女問わず人気があり、嫌いな人が少ないメニューです。

 

そのため、客層が限定されることがなく、どこに出店しても幅広い集客が見込めるでしょう。

 

イベントなどの人が集まる場所に出店する機会が多いキッチンカーでは、幅広い客層の集客が見込める点は、大きなメリットです。

 

食事・スナックと汎用性が高い

唐揚げは食事として食べるだけでなく、軽食やおやつ、おつまみとしても人気です。

 

カレーやうどんなど、集客がランチタイムに限定されるメニューに比べると、唐揚げは1日を通して売れやすいメニューだと言えるでしょう。

 

提供スピードが早い

提供スピードが早いことも、キッチンカーで唐揚げを販売するメリットです。

 

一気に揚げて保管しておくことでスムーズに提供できるため、回転率が上がり、短時間で大きな売上が見込めます。

 

人の多い場所や、短時間に多くのお客様が訪れるランチタイムなどで、回転率のよさは武器になるでしょう。

 

ジャンルが豊富

塩やしょうゆ、にんにくの効いたものなど味のバリエーションだけでなく、「ザンギ」や「中津からあげ」といったご当地系など、ジャンルが豊富な唐揚げなら他店との差別化が図りやすいです。

 

さらに、トッピングやソースでオリジナリティを出せば、自分だけの唐揚げが提供できるでしょう。

 

キッチンカーで唐揚げを販売するデメリット

赤フードトラック

競合が多い

性別や年齢を問わず人気の唐揚げだからこそ、が最大のデメリットです。

 

実際に、2021年に行なった「キッチンカーの需要調査」を見ると、唐揚げはクレープ・たこ焼きに次いで開業数No.3の定番メニューであることがわかります。

 

もちろんキッチンカーだけでなく、唐揚げ専門店は店舗もあるため、競合はかなりの数になるでしょう。

 

たくさんの競合の中から自分の唐揚げを選んでもらうには、さまざまな工夫が必要です。

 

必要な機材が多い

唐揚げは「仕込んで揚げるだけ」のイメージをもつ方もいるかもしれませんが、意外と必要な機材が多いのもデメリットでしょう。

 

キッチンカーで唐揚げを調理するためには、まずフライヤーを設置する必要があります。

 

一度に揚げる量を増やすことで効率を上げるため、2槽タイプのフライヤーを設置することが望ましいとされています。

 

ただし、2層タイプになるとサイズも大きくなり、車内のスペースが圧迫されてしまうでしょう。

 

他にも、揚げた唐揚げを保温しておくショーケースなども必要なため、小さいキッチンカーでは作業スペースを圧迫する恐れがあります。

 

キッチンカーで唐揚げ店を開業するための準備

白フードトラック

ここでは、キッチンカーで唐揚げ店を開業する流れや、必要な準備をお伝えします。

 

唐揚げの移動販売店を開業する流れ

  1. コンセプトや戦略を考え必要コスト・予算を算出
  2. 開業資金の調達
  3. 必要な資格・設備・手続き
  4. 出店場所の確保
  5. キッチンカーの準備・仕込み場所の確保
  6. 必要な保険に加入
  7. 食材の仕入れ
  8. 広告・SNSなどで宣伝

また、開業についてはこちらの記事も参考にしてみてください。


▼キッチンカーを開業する手順

 

必要な資格・許可と申請方法

キッチンカーの開業に必要な資格と許可は、下記の2つです。

  • 食品衛生責任者
  • 飲食店営業

「食品衛生責任者」の資格は、出店する地域を管轄している保健所で申請・取得できます。

 

また「飲食店営業」の許可申請の際には、「食品衛生責任者の資格」と「移動販売で使用する車の申請」が必要です。

 

詳しい営業許可取得方法はこちらの記事をご覧ください。


▼キッチンカーに必要な営業許可とは

 

営業許可申請方法

保健所へ営業許可の申請をする際に必要な書類は、下記の通りです。

  • 営業許可申請書
  • 営業設備の大要・配置図
  • 営業の大要
  • 仕込み場所の営業許可書の写し
  • 仕込み場所の水質検査証明書
  • キッチンカーの車庫証明・地図
  • 食品衛生責任者の資格証明書
  • 車検証のコピー
  • 排便検査の成績書

スムーズに申請するためにも、事前に保健所へキッチンカーの開業について相談しましょう。

 

唐揚げに必要な設備

キッチンカーで唐揚げを販売する際に必要な設備は、以下の通りです。

  • シンク
  • 給排水タンク
  • 照明
  • 換気扇
  • 扉付き収納スペース
  • 冷蔵設備
  • 蓋付きごみ箱
  • 電源装置
  • フライヤー(2層タイプ)
  • ホットショーケース

 

唐揚げ店のキッチンカーで成功するには?

盛り盛り唐揚げ

競合が多い唐揚げ店のキッチンカーで成功するには、他店との差別化が必須です。

 

ここでは、唐揚げのバラエティーをいくつかご紹介します。

 

唐揚げのジャンルにこだわる

一言で「唐揚げ」と言ってもさまざまなジャンルがあります。

 

代表的なご当地唐揚げのポイントは下記の通りです。

  • 中津唐揚げ
  • 台湾ジーパイ
  • 山賊焼き
  • 半羽揚げ
  • モチコチキン

 

中津唐揚げ

大分県を代表するB級グルメです。

 

中津の唐揚げ店は「からあげグランプリ(R)」で多数受賞していることもあり、全国の唐揚げファンから注目されています。

 

台湾ジーパイ

鶏むね肉叩いて薄く大きくした後、タレに漬け込み、揚げてからスパイスをかけて食べる台湾の屋台料理です。

 

顔よりも大きなサイズが「SNS映えする」と話題になっています。

 

山賊焼き

長野県名物の山賊焼きは、素揚げしたもも肉とにんにくを使ったパンチのある味付けがポイントです。

 

お酒との相性も抜群でしょう。

 

半羽揚げ

新潟県のご当地グルメで首都圏では「半身揚げ」とも呼ばれます。

 

「子どもに喜んでもらえるように」との理由で始まったカレー味がポイントです。

 

幅広い世代に人気のカレーと唐揚げのコラボレーションで、今や全国区の認知度を誇ります。

 

モチコチキン

もち米を使用して作った「モチコ」で揚げた、ハワイ風唐揚げです。

 

ハワイではパンケーキと並ぶローカルフードとして人気があります。

 

素材にこだわる

鶏肉には国産・外国産があります。

 

外国産を選べばコストを抑えられますが、お客様の立場になれば国産のほうが喜ばれるでしょう。

 

また、鶏もも・鶏むね・手羽先・軟骨・チューリップなど、鶏肉の部位によっても風味や食感が異なり、鶏もも肉はジューシー、軟骨はコリコリとした食感など、それぞれの部位に特徴があります。

 

他にもタコやイカの唐揚げなど、お客様の好みに合わせたメニューを展開することで、その店独自の魅力をアピールすることにもつながります。

 

味付けにこだわる

唐揚げの味付けも、定番のしょうゆ・塩・にんにくだけでなく、オリジナルスパイスや出汁にこだわって味に差を付ける、鶏肉の部位ごとに相性のよい味付けを探究するなど、独自の唐揚げを売り出すことも効果的です。

 

とことん味付けにこだわって、オリジナルの唐揚げメニューで勝負してみましょう。

 

トッピングやソースを用意する

ヤンニョム系・南蛮系などのソースやトッピングで唐揚げの味を変化させることもできます。

 

シンプルな唐揚げとソースのセットで販売すれば、1度の購入で2種類の味を楽しむことができるため、「特別感」を与えやすいでしょう。

 

大葉やネギなどのトッピングを追加できるなど、お客様を飽きさせないための工夫をすることで、リピーターの確保や単価アップにもつながります。

 

メニューの参考に!全国で人気の唐揚げ店3選

全国で人気の唐揚げ店3選をご紹介いたします。

 

ぜひメニュー開発の参考にしてください。

 

鶏神

とりこからあげ

鶏神は、2020年に唐揚げのテイクアウト専門店をオープンさせた後、2021年6月にキッチンカーを始めました。

 

キッチンカーでは3種類の味付け以外にも、季節によって期間限定の唐揚げが販売されています。

InstagramFacebook

 

台湾唐揚 横濱炸鶏排

よこはまざーじーぱい

横濱炸鶏排の唐揚げは、国産鶏胸肉をお店秘伝のタレに漬け込み、こだわりの特製スパイスをかけた台湾唐揚げです。

 

2021年12月には、ビッグ唐揚げの販売がキッチンカーで始まりました。

InstagramTwitter公式サイト

 

味処 ぎん亭

ぎんてい唐揚げ

ぎん亭の秘伝大盛唐揚げは、学生から高齢のお客様まで幅広い層に愛される自慢の一品です。

 

キッチンカーはお客様の列ができる程人気があります。

Twitter公式サイト

 

いきなり独立は不安?それならフランチャイズがおすすめ

握手

いきなり1人で唐揚げの移動販売を始めようと思うと「ノウハウがなくて不安」という方は、フランチャイズに加盟する方法もあります。

 

フランチャイズとは?

フランチャイズとは、本部からお店の名前や商品、営業を続けるためのノウハウなどの提供を受け、その対価をフランチャイズ本部に支払うシステムです。

 

対価はロイヤリティと呼ばれ、固定の金額や売上の一部を支払いますが、なかにはロイヤリティ無料のフランチャイズもあります。

 

フランチャイズのメリット

フランチャイズに加盟する最大のメリットは、運営ノウハウやブランド名の提供でしょう。

 

運営ノウハウを提供してもらうことで、経営未経験者や知識がない方でも気軽に独立・開業が可能です。

 

さらに、知名度のあるブランド名も提供してもらえるため、集客や資金集めの際に役立ちます。

 

おすすめのフランチャイズ

唐揚げの移動販売で、おすすめのフランチャイズを3選ご紹介します。

 

空とぶからあげ

そらとぶ唐揚げ

空とぶからあげは、TKO木下の“オカン”が作った唐揚げ専門店です。

 

テレビで何度も紹介されていて知名度が高いため、安心感があります。

Twitter公式サイト

 

からあげのまるげん

まるげん

からあげのまるげんは、ロイヤリティ無料が特徴です。

 

全国でまるげんのからあげを食べる人が増え、笑顔が増える、そんな想いでキッチンカーを出しています。

公式サイト

 

からあげの匠

からあげの匠

からあげの匠には、「12か月で初期投資を回収した店舗」や「オープンから6か月連続で営業利益120万を突破した店舗」が加盟しています。

 

フランチャイズですが、ネーミングフリーな点もポイントです。

公式サイト

 

唐揚げのキッチンカーを開業するならMYキッチンカー

キッチンカーTOP

MYキッチンカーでは無料の個別コンサルを実施しています。

 

唐揚げのキッチンカーを始めたいけど、「何から手を付けたらいいの?」「内装はどんなものがいいの?」といった疑問は、お気軽にご相談ください。

 

また、オリジナル車両の製作や中古キッチンカーの販売も行なっており、リースにも対応可能です。

 

MYキッチンカーでは、お客様に合わせたぴったりのプランをご提案させていただきます。

MYキッチンカー

 

まとめ

ソース唐揚げ

唐揚げは幅広い世代に人気があり、キッチンカーの開業数もトップクラスの定番メニューです。

 

「いきなり独立は不安」という方も、フランチャイズに加盟すれば気軽に始めやすいでしょう。

 

ただし、人気メニューだからこそ競合が多いため、唐揚げのジャンルや味付けにこだわってオリジナリティのある唐揚げを販売する必要があります。

 

ぜひこの記事を参考に、唐揚げのキッチンカー開業に向けて第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

この記事をシェアする

今すぐお電話
9:00~18:00

メールで無料相談
または資料請求