MYキッチンカー
MYキッチンカー
お役立ち情報
BLOG
お役立ち情報

[絶品]おすすめのフライドポテトキッチンカーを紹介!北海道や名古屋の人気店舗の特徴・オープンの手順まで解説

2022.07.29
出店サポート
[絶品]おすすめのフライドポテトキッチンカーを紹介!北海道や名古屋の人気店舗の特徴・オープンの手順まで解説
 

キッチンカーといえば「フライドポテト」を想像した方もいるのではないでしょうか?

 

なかには北海道産のじゃがいもを使用するなど、素材にこだわった店舗も多いです。

 

そこで今回は、人気店舗の絶品メニューからオープンの手順まで詳しく紹介します!

 

人気のキッチンカーの特徴が知りたい方や、開業したい方はぜひご覧ください。

 

おすすめの絶品フライドポテトキッチンカーを紹介

フライドポテト

全国にはフライドポテトキッチンカーが多くあり、そのどれもが個性的かつ絶品です。

 

以下で人気の店舗から、オープンしたてのおすすめの店舗まで、幅広く紹介します。

 

ASOMBROSO(アソンブロッソ)

アソンブロッソ

引用

 

ASOMBROSO(アソンブロッソ)」は、すべて北海道の農家が育てるじゃがいものみを使用しています。

 

当店でハンドカットフライズと呼ばれているフライドポテトは、普段口にすることが多い外国産とは異なり、外はカリカリで中はホクホクの食感と香りを楽しめる商品です。

 

北海道に実店舗を構えていながら都心や東海地方でも積極的に活動している人気店ですので、機会があればぜひお立ち寄りください。

InstagramfacebookTwitter公式サイト

 

POMMES PROST(ポメスプロースト)

ポメスプロースト

引用

 

POMMES PROST( ポメスプロースト )」は、イタリアンやフレンチの名店で修行を重ねたシェフが、季節に合わせてこだわったオリジナルソースが人気のお店です。



じゃがいもも季節ごとに産地を変え、オリジナルブレンドの天然油100%でこだわって揚げたフライドポテトは、素材本来の味を引き出しあっさりヘルシーに食べられます。



POMMES PROSTは主に都内を中心として千葉や栃木、さらに長野で活動を幅広く行なっています。

Instagramfacebook公式サイト

 

POTATO STAND(ポテトスタンド)

POTATO STAND

引用

 

POTATO STAND(ポテトスタンド)」は今年、愛媛でオープンした地域密着型のフライドポテトキッチンカーです。



POTATO STANDは6種類のじゃがいもと、野菜ソムリエであるシェフがこだわったソース10種類(限定ソースを含む)の組み合わせを楽しむことができます。

 

また、サイドメニューやドリンクには愛媛や瀬戸内の素材を活かして作られたメニューが豊富で、地元の方だけでなく観光客にも幅広く愛されています。

Instagram

 

キッチンカーでのポテト販売におすすめの絶品メニューを紹介

フライドポテト2

こちらでは、人気のフライドポテトキッチンカーでよく目にするおすすめの絶品メニューを紹介します。

 

お店の方向性を左右する!さまざまなポテトの種類

フライドポテトキッチンカーで販売されることの多いモチモチポテトやロングポテトは、「ラスポテト」と呼ばれています。

 

最近流行のポテトも併せて特徴を見ていきましょう。

 

ラスポテト

ラスポテトの特徴は以下の通りです。

  • 材料の常温保存が可能である
  • 調理時間が短くて済む
  • 温度変化による揚げ油の劣化を抑えることができる
  • 商品の大きさを揃えることができる

 

ローディットフライ

ローディットフライの特徴は以下の通りです。

  • 具材やソースをのせる贅沢なフライドポテトのこと
  • のせる具材の種類が無限大
  • 見た目のインパクトからSNS映えも期待できる

 

ベークドポテト

ベークドポテトの特徴は以下の通りです。

  • 低カロリーポテトのため、サラダのトッピングとして使用される
  • 美容と健康を意識する女性に人気

 

個性を出すならソースから!王道から個性派まで

お店ごとの個性を出すのであれば、ソースに力を入れるとよいでしょう。

 

人気店ともなると、王道ソースから一風変わったソースまで盛りだくさんで、SNS映えを意識した盛り付けなども多くあります。

 

王道ソース

特製ケチャップ、マヨネーズ&ケチャップ、明太マヨ、スイートチリマヨ、アボカドマヨなど

個性派ソース

アンチョビマヨ、タイムのステーキソース、ミー トソース、トリュフマヨなど

 

ドリンクを付け加えてメニューを豊富に

フライドポテト以外にも、ナゲットから揚げを販売することで、サイドメニューとして新たなアクセントを付け加えることができます。

 

また、ご当地の素材を生かしたフルーツジュースなどをメニューに加えると、SNSなどで発信され観光の方のみならず、地元の方からも親しんでもらえます。

 

クッキーやスイーツなどを売っているお店もある

フライドポテトキッチンカーの人気店の中には、クッキースイーツを販売している店舗もあります。

 

スイーツなどを販売すると、昼や夜のお客様が多い時間帯以外でも、集客を見込めるのがポイントです。

 

ただし、クッキーやスイーツをキッチンカーで販売する場合、別途で資格や許可が必要となるため、注意してください。

 

たとえば、クッキーのような調理済みのお菓子を個包装して販売する場合は、許可ではなく届出を行います。

 

また、仕込み場所を使う場合は、フライドポテトキッチンカーに必要な飲食店営業の営業許可とは別の許可を取得しなければなりません。

 

スイーツの場合は、菓子製造業の営業許可が必要です。

 

そもそもキッチンカーでポテトを販売するメリットとは?

フライドポテト3

ここでは、キッチンカーで販売されている数ある商品の中で、フライドポテトを販売するメリットを3つ紹介します。

 

原価が年間通して安定している

1つ目のメリットは、フライドポテトの原料であるじゃがいもや調理に必要な揚げ油が、 1年を通してあまり大きな価格変動が見られないことです。

 

季節によって価格が左右される商品は、季節ごとに損益分岐点の金額を変動することが求められますが、じゃがいもに限って言えば、そのような計算は必要ありません。

 

季節ごとの計算が必要ないという点では、キッチンカーを初めて開業する方にもおすすめの商品です。

 

顧客層が幅広い

2つ目のメリットは、フライドポテトが老若男女や国内外を問わず人気の商品であることです。

 

フライドポテトなどのファストフードは、今やどの年代でも食べられる商品であり、すべての世代から愛されるソウルフードと言えるでしょう。

 

また、じゃがいもは日本に限らず世界中で食べられている食材のため、ターゲット層を絞ることなく幅広い層に提供でき、どんな街でも売上を見込むことができる点も魅力です。

 

味付けや切り方でメニューは無限大

3つ目のメリットは、味付けのソースや切り方などで、店舗ごとの個性を簡単に出せることです。

 

ここではじゃがいもの加工法について、細切りくし型ポテト以外の特徴的な切り方を紹介します。

 

ポテトの特徴的な切り方

波型

専用のポテトカッターを使い、波のようなガタガタとした形に切ります。火が通りやすいため、外はカリっと中はホクホクのフライドポテトが簡単に作れます。

格子状

専用のワッフルスライサーなどを使い、格子状に切ります。薄く切るため、ポテトチップスのようなサクサクとした食感を楽しむことができます。

らせん

通称トルネードポテトと呼ばれます。串にさして提供するタイプで、見た目のインパクトから子どもに人気のフライドポテトです。

他にもさまざまな切り方があり、そこにオリジナルソースを合わせることで、個性あふれるメニューを簡単に作り出すことができます。

 

メインメニューでもサイドメニューとしても扱える

フライドポテトは、ハンバーガーをはじめとする料理の付け合わせとしても使用されています。

 

また、日本ではフライドポテト専門店が次々とオープンしており、ますます人気を博しています。

 

そのため、フライドポテトは昼時はサイドメニューとして、おやつタイムには主力メニューとしてなど、時間帯によって扱いを変えることができる優秀なメニューと言えるでしょう。

 

キッチンカーでポテトを販売するデメリット

フライドポテト4

一方で、キッチンカーでフライドポテトを販売するデメリットもいくつかご紹介します。

 

掃除に手間がかかる

フライドポテトなど油を使用する商品は、どうしても油が飛び散るなど、使えば使うほど油汚れが目立ってしまいます。

 

油汚れは掃除や後片付けが大変という印象から、「手間がかかりそう」と敬遠する方も、多いでしょう。

 

しかし、この手間はキッチンカーを購入あるいは、リースなどで借りる際にあらかじめ考えておくことで解決します。

 

たとえば、キッチンカーを購入される方は配線などを高い場所に設置する、リース契約される方は配線の位置を確かめておくなどです。

 

掃除のしやすいキッチンカーであるかを意識して検討してみてください。

 

下準備が必要になる

キッチンカーによるフライドポテト販売で成功するためには、切り方やオリジナルソースで個性を出すことが必要です。

 

そのため、個性を出せば出すほど、どうしても下準備が必要となってしまいます。

 

ただし切り方に関しては、ポテトカッターなどの簡単に切れる道具が販売されていますので、上手に活用することで準備に必要な手間を省くことができるでしょう。

 

人気店のようにフライドポテトのキッチンカーで成功するにはどうすればいい?

キッチンカー

ここでは、人気店で多くみられる共通点を参考にフライドポテトのキッチンカーで成功するための秘訣をまとめたので、参考にしてください。

 

素材にこだわる

キッチンカーで販売するフライドポテトはシンプルな商品が多いため、素材の味がそのまま反映されます。

 

なので、北海道産のじゃがいもを使っていることや、天然の油を使用するなど素材を売りにすることは非常に大切です。

 

SNS映えを意識する

近年のキッチンカーも含めた飲食店と、切っても切り離せない関係にあるのがSNSです。

 

SNSは拡散力が高く、話題になるだけで集客率も上がるため、特に意識したいところ。

 

フライドポテト販売におけるキッチンカーは、外装が洋風でおしゃれなものが多く、それ自体がSNS映えするものとなっていることが多いです。

 

もちろん、販売するフライドポテトもソースやチーズののせ方をお洒落に盛り付けて発信することが、求められます。

 

また、SNSを用いることで無料で宣伝が出来たり、顧客の意見が吸い上げられたりといったメリットも多いため、積極的に活用してください。

 

キッチンカーでのSNSの発信の仕方として、特にキッチンカーによるフライドポテト販売はイベントで出店する機会も多いため、「#ハッシュタグ」を用いることで宣伝ができ、積極的に使用すると効果的です。

 

ソースで違いを出す

個性を出すうえで、1番の違いを出すことができるものがソースです。

 

じゃがいもの切り方はもちろん様々ですが、ソースこそ他店舗と被ることのない、オリジナル感を出すことができます。

 

店舗ごとに見ても、自店舗の一般的なソースから高級感あふれるものまで、オリジナルソースを多数用意し、盛り付けにまでこだわることで個性を出しています。

 

ただし、オーソドックスなソースも必ずメニューとしてどの店舗にもあるので、既存メニューを軸に新作メニューに個性を出していく事が秘訣です。

 

キッチンカーでポテト屋をオープンし販売するために必要なステップ

キッチンカー

こちらでは、キッチンカーでフライドポテト屋をオープンし販売するまでに必要なステップを、簡単にまとめています。

 

開業手順については基本的に他のキッチンカーと同じですが、必要な許可設備、特に油を使う商品のため注意が必要です。

 

キッチンカーのフライドポテト屋の開業手順

キッチンカーでフライドポテト屋を開業する際には、以下の手順を行う必要があります。

  1. お店のコンセプトや戦略を考える
  2. 開業に必要なコストや予算を算出
  3. 開業資金の調達
  4. キッチンカーおよび車内設備の用意
  5. 開業に必要な資格取得および手続き・設備の用意
  6. 出店場所の確保
  7. 自動車保険や製造物責任保険への加入
  8. 食材の仕入れ
  9. チラシやSNSによる宣伝

フライドポテト屋に限らず、キッチンカーの開業で1番重要となるのが、コンセプトや戦略を明確化しておくことです。

 

明確化することで、キッチンカー経営の柱となる部分を詰めていくことができ、そのうえでかかってくるコストや予算を算出し、開業に必要な資金を用意することが大切です。

 

また、保健所からの営業許可を得る際には、キッチンカーの設備や衛生状態も厳しくチェックされます。

 

キッチンカーの製作には数か月の期間を要するため、開業日に合わせて早めに手配しておきましょう。

 

キッチンカーの開業手順については、以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

▼キッチンカーを開業する手順

 

キッチンカーでフライドポテトを売るための資格や許可

フライドポテトをキッチンカーで販売するためには、保健所で営業許可を取得することが、必要です。

 

この営業許可は何を売るかによって異なり、種類についても「食品営業自動車」と「食品移動自動車」に分かれ、さらに細かく分類されています。

 

たとえば今回のように、キッチンカー内で調理したフライドポテトを提供する場合は、飲食店営業の許可が必要です。

 

しかし、すでに出来上がったものであれば、食料品等販売業という別の許可が必要になり、ドリンクを提供する場合は喫茶店営業も取得する必要があります。

 

さらに、出店場所によっては「道路使用許可」が必要となることも押さえておきましょう。

 

道路使用許可とは、路上や公園などの決められた場所で移動販売を行う際に得る、許可のことを指しますが、お祭りやイベントを除いて許可が下りることはほとんどありません。

 

また、キッチンカーの営業許可は全国共通のものではなく、出店する地域ごとに取得するものであるため注意してください。

 

営業許可の申請に必要な書類も例としてまとめたので、紹介します。

  • 営業許可申請書
  • 営業設備の大要・配置図
  • 営業の大要
  • 仕込み場所の水質検査証明書
  • 仕込み場所の営業許可書の写し
  • キッチンカーの車庫証明書・地図
  • 食品衛生責任者の資格証明書
  • 車検証のコピー
  • 排便検査の成績書

申請に必要な書類も多数あるため、事前に保健所にキッチンカーの開業について、問い合わせましょう。

 

更に詳しく知りたい方は、開業に必要な資格・許可について以下で詳しくまとめていますので、下記をご参照ください。

▼キッチンカーに必要な営業許可とは

 

フライドポテト販売に必要な設備

キッチンカーでフライドポテトを販売する際に必要となる設備は、以下の通りです。

  • フライヤー:じゃがいもを上げるために使う必需品
  • 冷蔵庫や冷凍庫:食品を保存するために使用する
  • 調理器具:フライドポテトカッター、テーブルクラフト(スクープ)、ソース用のコンロなど

以上例として挙げましたが、思い描くコンセプト戦略によって必要な設備は変わるので、まずは方向性をしっかりと思い描くことが重要となります。

 

フライドポテトのキッチンカーの製作をするならMYキッチンカーへ

MYキッチンカーTOP

MYキッチンカー」では、フライドポテトのキッチンカーで重要な車両のデザインから車内の配線等の導線まで、使いやすさにこだわった設計をデザインすることができます。

 

また、製作・ご購入だけでなくカーリース・レンタルも行っており、初期費用を抑えスピーディに開業したい方におすすめです。

 

さらに、キッチンカー営業が初めての方、開業についてお悩み中の方に向けた無料コンサルも充実しており、納車後のアフターメンテナンスも対応可能。

 

このように、キッチンカーにまつわる事全てが「MYキッチンカー」だけで完結することが、魅力です。

 

キッチンカーでフライドポテトを販売したいと検討されている方は、是非「MYキッチンカー」をご検討ください。

MYキッチンカー

 

まとめ

フライドポテト5

フライドポテトは全世界共通の食べものであり、幅広い世代に愛される定番メニューでありながら、オリジナルソースを盛り付けることで、個性が広がる魅力的なメニューになります。

 

また、フライドポテトはテイクアウトとして認識されていることもあり、キッチンカーとの相性は抜群です。

 

是非この記事を参考に、個性あふれるフライドポテトのキッチンカーを開業してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

今すぐお電話
9:00~18:00

メールで無料相談
または資料請求